「不易流行」「不易」時代を越えて変わらない価値のあるもの。「流行」時代の変化と共に変えていく必要があるもの。私達は、いつまでも変わらない本質を忘れない中にも、時代に応じて変化を重ねていくことが制服つくりの基本であると考えます。
1本の糸からこだわります
1862年(江戸・文久2年)美濃国(現・岐阜市)にて絹織物製造業から始まった吉善は、日本の女子学生服の洋装化が始まった1918年(大正7年)から学生服メーカーとして学生服の歴史と共に歩み続けています。その時々の最新の縫製技術・機能素材・意匠を取り入れながら、1本の糸にこだわり抜く“ものつくり”の姿勢は、創業以来150余年にも渡って受け継がれている吉善の伝統です。
ただ一校だけのオリジナルを提案します
独自の個性があり、その上で調和がとれる。学校制服つくりに対する想いは教育が目指すモノと似ていると考えます。その学校らしい、その学校のアイデンティティを表現するため、吉善商会は手間暇を惜しむこと無く、誠実な姿勢で制服つくりに向かい合います。
着ることに誇りを持てる制服をつくります
「着てうれしい」「着て楽しい」「着ている自分が好きになる」吉善商会は生徒の心を捉え、生徒一人ひとりが輝き、誇りを持てる、未来を育む学校制服を提案します。

ZIPPY COUTURE

著名デザイナーが学校とのインタビューを重ね、デザインをさせていただきます。
仮縫いを繰り返し、仕立てや縫製にこだわったオートクチュール仕立ての制服をご提案。
  • 花井 幸子

    花井 幸子

  • 渡辺 弘二

    渡辺 弘二

会社概要

代表取締役社長 吉村 善和

代表取締役社長 吉村 善和

1947年東京生まれ。
1969年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1970年同社入社。2005年代表取締役就任(1862年創業・6代目)。2001年 日中新世紀会(超党派国会議員組織)設立、理事長就任。中国での学生服普及、日中青少年アニメ漫画展、日中姉妹校・修学旅行などの青少年教育文化交流、政治交流分野で活動し、蘭州職業技術学院客員教授、北京服装協会顧問を務める。

社名
株式会社 吉善商会
創業
文久2年(1862年)
設立
昭和14年(1939年)
代表者
代表取締役 吉村 善和
事業内容
学生服・ユニフォーム製造卸売販売、日中教育交流事業
本社所在地
東京都中央区日本橋堀留町1-1-5 日本橋堀留ビル4階
Tel:03-6661-0177(代表)/ Fax:03-6661-0179
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-19-19 フォルテ栄ビル2階
Tel:052-242-0261(代表)/ Fax:052-242-0591
海外事業所
北京:北京友聯吉善学生装有限公司
物流センター
日本橋物流センター / 名古屋物流センター / 水戸センター / 横浜DC
WEBサイト
http://www.yoshizen.co.jp